Qシングルマザーになります。二人の子供たちの心のケアやこれからの育児にアドバイスをお願いします。

A:父親がいないと子どもがどう育つのか、それがどう影響するのか不安になるのではないかと思います。しかしあまり気負いせず父親と母親の役割を大まかに把握しておくと良いのではないでしょうか。母親とは何にも変え難い愛情を一心に注ぎ子どもを受け入れている存在であり、父親とは物事の善悪や間違ったこと等を正し社会性を育てる存在です。片親でも母性と父性を備えている人もいますし、父親の役割は社会性を教えること、と明確に役割さえ認識しておけば、シンプルに両方の役割を担う対応が落ち着いて出来ると思います。でも、もしご自身の両親と同居しているのであれば、おじいちゃんに父親の役割を担ってもらうのも手です。1人で頑張りすぎず周囲に助けてもらえる人がいるのであれば存分に甘えましょう。親だけでなく、周囲の人にも影響を受けながら子どもは育っていくものです。

 

Q:子供におやつはあまり食べさせない方かいいのでしょうか?
寝る前は必ず歯磨きしているのに、よく虫歯になります。

A:虫歯になりやすい場合は歯質が弱いことが考えられます。歯質が弱い場合には、ご飯を食べたら歯磨きやうがいを習慣づけるとか、小さい子なら、ぬれた脱脂綿で歯をふいてあげるとか、そういうことが必要になると思います。それからおやつに工夫をします。例えば歯の間につまるようなクッキーなどは避けます。私も自分の子にいろいろ買って試しましたが、実は歯固めクッキーはよくありませんでした。小さいうちは歯茎もひろがっているので、歯や歯茎に詰まってしまいます。歯固めにするなら野菜スティックとかで代用し、おやつは別にあげるほうが良いと思います。子どもはおやつ好きですから食べないこともストレス。だからおやつを選んであげましょう。虫歯予防としては歯につまらないおやつを選んで、歯磨きなどもお母さんがやってみせて楽しい、習慣にします。可愛い歯ブラシもでているので楽しい歯磨きを習慣にします。

 

Q:6歳のお兄ちゃんが2歳の妹によく泣かされます。お兄ちゃんは優しく妹は気が強いので困ります。このままではお兄ちゃんがいじけてしまうのではと心配です。

A:一般論ですが「やさしい=肯定的」と「気が強い=否定的」であり、概して否定的なほうがいじけやすいのです。上の子というのは妹が生まれるまでの数年を1人っ子で過ごし、親の愛情を一心に受けて育つので愛情に満たされて優しい子に育ちます。妹はその優しさにつけこむのです。気が強いととらえてしまうかもしれませんが、単に活発なのだと思います。少しやんちゃな女の子の方がこれからの社会にはいいかなと思います。お悩みの件ですが、お兄ちゃんがいじけてしまう心配はないと思います。優しいから大丈夫だと思います。逆に気が強いという見方を親にされている妹さんのほうがいじけてしまうかもしれません。喧嘩が気になるようであれば、気が強いと思える妹の行動をみた時に「こんな風にしたら、おにいちゃんはこんな嫌な気持ちになるよ」と伝えてあげましょう。これの繰り返しです。

 

協力:やす託児所  安のりこさん
HP:http://yasutakujisyo.com/index.htm